ハナウド

概要

 地元ではヤブドウゼンという名前で親しまれ、白和えなどに利用されている。
 ドウゼンというのは、ウドの地方名でヤブに生えるウドという意味でヤブドウゼンという名前が付けられている。

見つけ方・特徴

 花が咲くと大きくて分かりやすいが、採取時期の若芽の頃は似ている植物が結構あるので、写真等でよく確認する必要がある。}
 葉をちぎって匂いを嗅ぐとウドに似た独特の香りがする。

見つかる場所

 山道のやや日陰にも生えているが、休耕田などの日当たりの良い場所でも見つかる。

採取時期

 3月中旬~4月中旬

採取方法

 薹(花をつける茎)が立つ前の若芽を摘み取る。

調理法・味

 白和え、天ぷら。

その他の写真

関連する自然体験