イタドリ

概要

 地元ではスカンポという名前で、昔は生のまま塩をつけて食べていた。酸味が強い。今は鹿が好んで食べるようで、昔ほど簡単に見つけることができなくなった。

見つけ方・特徴

 春に出てくる新芽は細いタケノコの似た独特の形をしているので、簡単に見分けることができる。

見つかる場所

 川沿いに多いが、山道や田んぼの畦にも生える。日当たりの良い場所を好む。

 市房観光ホテルの庭

採取時期

 4月

採取方法

 葉が開く前の茎の根本をポキッと折る。

調理法・味

 油いため。調理前に皮をむく必要がある。

その他の写真

関連する自然体験