カンゾウ 茎

概要

 水上村でみかけるのはヤブカンゾウ。春、田んぼの畦でよく見かける。
 春先の畦焼の後の新芽は、黒い灰の間から顔をのぞかせている。

見つけ方・特徴

 春先の新芽は独特の形(根元から細長い葉が出ている)をしているので区別は容易。群生していることが多い。

見つかる場所

 田んぼの畦に多い。

採取時期

 3月中旬~4月上旬
 4月に入り葉が20㎝以上の長さになると固く筋っぽくなるので食用に向かない。

採取方法

 新芽の根本を土の中からナイフで切り取る。根になるべく近く土に埋まっている白い部分からとるのがコツ。(茎の上の部分を採取すると、湯がいている間に葉がばらばらになる)。

調理法・味

 お浸し。
 酢味噌に付けて食べると美味。

その他の写真

関連記事

関連する自然体験