ギシギシ

概要

 近縁種のスイバより、生えている場所に偏りがある。
 酸っぱいからスイバ(茎や葉を口に入れて噛むと酸っぱい)という名前になったようです。

見つけ方・特徴

 葉が大きく特徴があるので見分け方は簡単。
 スイバとよく似ているが、外見では葉の大きさと葉の形で判断可能。

見つかる場所

 田んぼのあぜや、水分の多い場所(湿地や川沿い)に生えていることが多い。

採取時期

 3月~4月

採取方法

 新芽の部分を根本からナイフで切り取る。
 茎にぬめりがある。

調理法・味

 だし醤油漬け。

その他の写真

関連する自然体験